Qスイッチレーザーであざを効果的に治療する

Qスイッチレーザーであざを効果的に治療できる

レーザーをあてる

あざとは、皮膚の一部が周囲と違う色や状態になってしまったものを言います。どうしても目立ってしまうので、改善したいと思っている人も多いのではないでしょうか。あざにはいろいろな色がありますが、その違いはあざができてしまう原因にあります。

赤あざは内出血や血管が以上に増えた血管腫が原因。生まれつき血管の形状に異常がある、という場合もあります。
青あざは皮膚の深い部分で起きた内出血が原因になることが多いです。
茶あざや黒あざは表皮のメラニン色素が増加してしまった状態を言います。
ほくろは黒あざの一種で、加齢によって増えることもあります。こうしたあざはセルフケアでは消すのが難しいため、本格的に何とかしたいと言う場合は美容皮膚科で施術を受けるのがおすすめです。

美容皮膚科で受けられるあざ治療は様々ですが、青あざ、茶あざ、黒あざに対する治療としてQスイッチレーザーがあります。Qスイッチレーザーは強いエネルギーを持ったレーザーで、他の種類のレーザーよりもあざをきれいに除去することができると言われています。
レーザー光は皮膚の奥深くにあるメラニン色素にのみ反応し、メラニン色素を変性させることで異物として排出しやすい状態にします。変性したメラニン色素は、皮膚のターンオーバーと共に体外に排出され、皮膚をきれいな状態に整えることができるのです。あざ治療は一回で劇的に改善する、というのが難しいため、何度か施術を受ける必要があります。またレーザー治療は痛みを伴うことがあることも覚えておきましょう。
Qスイッチレーザーの場合痛みは軽度で済むことが多いですが、不安な人は医師からしっかりと説明を受け、必要に応じて痛み止めなどを使ってもらうようにしましょう。